畑岡の会計発見

畑岡の会計発見

<< まかせっぱなし | main | 保証料 >>
少人数私募債(しょうにんずうしぼさい)
少人数私募債とは簡単にいうと
金融機関からの融資でなく、知り合い(縁故者)から直接お金を集める方法です。

メリットは
1.煩わしい銀行との交渉が不要
2.担保・保証人が不要
3.発行条件が任意で決められる
4.社債の支払利息は全額損金算入
5.社債の受取利息の課税は源泉分離課税(20%のみ)
6.資金の満額が利用可能(毎月返済しなくていい)
7.企業の信用力向上

中小企業の資金調達手段は、銀行からの借入か株式増資が一般的なようです。
銀行から借入と比べると上記1・2・3・6が有利な点で
株式増資と比べると上記4・5が有利な点です。株式の場合は“配当”という手段になります。

よく社長さんが会社に資金を貸付されているケースがあります。これに対して利息を支払うこととなる場合、支払う会社の場合は支払利息として全額損金算入できますが、受取る社長個人には受取利息が雑所得となり、他(役員報酬+不動産所得等々)の所得と合算されます。所得税率の高い社長さんには社債利息でもらって源泉分離課税の方が有利な場合があります。

<少人数私募債の発行条件>
発行体: 株式会社、特例有限会社、LLC(合同会社)、合名会社、合資会社で発行可能。

社債勧誘対象者数: 49名以下の縁故者(顔の見える方:親族・社員・取引先等)中心の直接募集。(公募でない)

その他、発行手続き、募集要項、留意事項がありますが、資金調達の一つの手段として個別事業を考慮のうえ検討される価値はあります。

預貯金利率は雀の涙程度ですが、社債利率は2〜5%が相場です。利息も銀行に払うより、身内に払ったほうがいいですよね!縁故者の方に資産運用手段として勧誘(募集)されてはいかがですか?当然、信用度をあげるために、裏付けのある財務体質開示と事業計画の策定は必須になるでしょう!




| 会計・経営 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://weblog.zai-ken.jp/trackback/807225
トラックバック