畑岡の会計発見

畑岡の会計発見

<< ビジネスローン 3 | main | 五感を刺激! >>
にらめっこ
私は決算書等を財務指標を用いて【財務分析】を行います。

『労働分配率が高すぎます。50%以内を目標にしましょう!』・・私

『そうですね〜社員の残業代をカットしましょうか?』・・社長

恥ずかしながら、こんな会話が時々あります。

会計の専門家は「記帳の仕方」「勘定科目の判断」「財務分析」などすべて結果がでた後の【事後】については“熱く”語ります。表面のお化粧にこだわりがちと感じます。

上記の会話は“たまたまでた結果の数値”をベースとした表面上の会話です。
《私はこうやって経営者の方の思考能力を衰退させているのか》と改めて反省させられます。

最善のあるべき姿をベースにすると【機会損失】がどれだけだったのかと思考します。
●営業のやり方がまずかったのか?
●ターゲティングがまずかったのか?
●フォローアップはどうだったか?

これは財務指標としては表れない。思考することで本質的な改善ができる。目的を振り返ることができる。

結果の数字から導くのではなく、経営者と同じ方向に向かってあるべき姿(未来)から導かなければならない。会計は経営の“ひとつの要素”であることを認識して、

数字と【にらめっこ】して社長を机上に引っ張らないよう注意しなければ!




| 会計・経営 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://weblog.zai-ken.jp/trackback/790187
トラックバック