畑岡の会計発見

畑岡の会計発見

<< たまには文学も | main | にらめっこ >>
ビジネスローン 3
ビジネスローン2】でお伝えしたように、融資枠は直近2〜3期分の決算書で決定されます。

ではどんな決算書が評価されて、融資枠が大きくなるのでしょうか?
決算書は『スコアリング』という評価仕組みで点数化されランク付けされます。
このスコアリングは様々な財務指標をもちいて計算されます。
●借入金対月商比
●自己資本比率
●流動比率
●総資本経常利益率
など他にも沢山あります。聞くだけで頭が痛くなります。これもコンピュータが瞬時に計算しますけど。

では、どんな所にポイントを置けばいいか?

1 流動資産:流動負債=2:1の割合(流動資産が多い方がよい)
2 流動資産の中でも現預金残高の割合を上げる(平均月商残高位が理想)
3 自己資本比率(自己資本/総資産)20%以上

注)代表者勘定(会社が社長等から借りた金額)を自己資本に組み入れて評価してもらうケースがありますが、金融機関によって違いがあります。
中小企業の場合、代表者勘定がある決算書はよく見かけますので、自己資本に組み入れられるかどうかで大きく評価が変わる場合があります。


言い切れませんが、おおむね上記の項目を意識すれば、より高いランクを獲得するチャンスがあります。
当然、利益を出すのは大前提ですが!

このランク(おおよそ10ランク)の決定で融資枠の上限、金利、返済期間が決まってきます。

きっちり財務改善策をねって計画的に実行することをオススメ致します。当然、財務改善できるということは“税金を払う”道は避けられないケースがほとんどです。短期・中期の計画で大局的な判断が必要になってきます。小手先のテクニックでは一時しのぎは出来ても長続きはしません。後が大変です。

企業にとって生き水となる計画的な借入が必要と感じます。
| 会計・経営 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(1)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://weblog.zai-ken.jp/trackback/786481
トラックバック
計画的に無理なく
こんにちは。 ローンの利用者は年々増加し続けている。 そのおかげで、今では多くの...
| キャッシング ローン情報 ショッピング枠 | 2008/05/21 3:28 AM |