畑岡の会計発見

畑岡の会計発見

<< ふぅ〜!! | main | 笑いヨガ >>
やずやの秘密
創業者夫婦が初めて語る「やずや」の秘密
創業者夫婦が初めて語る「やずや」の秘密
栢野克己

「やずや」創業者の矢頭宣夫(夫婦)さんの紆余曲折の上に成功を掴んだ人生物語。 

本書ではパートナー(本書では奥さん)の存在の大きさを学びました。それ以上に、協力者のエネルギーを引き出す“トップの器”を学ばせて頂きました。

社長の器

一つ、「すなお」

二つ、「卑しくない」

三つ、「夢を語る」


行動力
●仕入先開拓でサンクロレラを選んだが、直営主義で卸売りはしないと断られる。普通、ここで諦めるわけですが、矢頭さんは小倉からフェリーに乗って三回も直談判に行く。

●矢頭さんは三十代前半から青雲会という異業種交流会に参加し、四十代で再スタート後も、石川さんの名刺交換会に飛び込み参加するなど、出逢いで人生を変えてきましたね。その延長、中小企業家同友会での様々な出逢いで運命が劇的に好転します。

●矢頭さんは「同じエリアの同業は成功ノウハウを教えてくれないが、エリアが違えば教えてくれる。誠心誠意頭下げれば。また、同じエリアでも異業種ならいくらでも教えてくれる」とよく言ってましたし、まさに自ら実践していました。


本書は読み方次第では、簡単に解釈できるかもしれませんが、そうではありません。【実践】というフィルターを通して何回も読み直す本ではないかと思います!!本
色んな“気づき”を頂けると思います!!


そして私の今回のマーカーは、

□脱サラに大事なこと

●パートナー(配偶者)の応援
これは一緒に働くことではない。奥さんのタイプはそれぞれでいい。要は応援する(信じる)“気持ち!”

(栢野)見捨てようとは思わなかった?

(妻)全然思いません(笑)

(栢野)でも、何も成功してなかったじゃないですか。

(妻)でもですね。パブではちゃんと支配人やっていたし、それぞれ長をやって苦労する、学んでいるわけです。ボウリング場も立ち上げの支配人ですし、トップリーダーとしてやっていた。
・・・・・・・私は男気を感じましたし、とにかく、主人を尊敬してます。

〜奥さんを尊敬しますが、尊敬される社長もスゴイです。スゴイ夫婦です。〜


●サラリーマンの二倍働けるか?

●商品に惚れているか?

この三つで絶対成功します。これがあって失敗すると言うことは、よほどのこと。


〜人は誰でも天から一通の手紙を受け取っている。そこには天職、使命が書いてある。〜



| | 22:07 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
ありがとうございます!!!!!

そういうことに気づく感性と能力が凄いです!
| 栢野克己/かやのかつみ | 2011/01/10 4:26 PM |
栢野さま

コメント有り難うござます!
3月、来熊、宜しくお願いします!

| 畑岡 | 2011/01/10 7:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://weblog.zai-ken.jp/trackback/1425656
トラックバック