畑岡の会計発見

畑岡の会計発見

<< 行動は気づきの場! | main | 考えるシート >>
経営のやってはいけない!
経営のやってはいけない!〜残念な会社にしないための95項目〜
経営のやってはいけない!〜残念な会社にしないための95項目〜
岩松 正記



先日参加した、第187回九州ベンチャー大学(ランチェスター経営蝓^忘瓦気鵑離屮蹈阿より詳しいです⇒こちら)でご講演頂いた、税理士:岩松正記さんの著書です。

講演が先で、後で本書を読み直しました。読書

“やること”よりも“やらないこと”の方は私にとっては有難い!モグモグ

本書は大成功のノウハウ本ではありません!が失敗という“地雷”を踏まなくてすむ先人あっての地図を頂ける内容となっています。

しかも、中小・ベンチャー企業特有の生々しい実情を著者自ら経験された背景があり、ありがちな、机上の理想論ではありません!

失敗する必要のない、真面目なダメ!?な方々が少なからずおられるかもしれません!!
そんな真面目な方、お目付役がいない社長、本業が忙しく情報不足になりがちな社長さん達が騙されてムダを被らないでいいよう、軌道修正して頂くバイブル本です。

成功者からは失敗談を聞きなさい   〜本文より〜

「第1章 マネジメント編」

□01.企業理念は必要か?
□02.支援組織の世話にはなるな
□03.助成金・奨励金に頼るな  ・・・そうそう!
□04.専門家の話は信じるな
□05.社長は管理業務をするな
□06.起業・新規事業はお客を作ってから
□07.営業に自信のない人は起業してはいけない
□08.仲間はいらない
□09.「会」「団体」に入るのはムダ
□10.ゴルフは諸刃の剣  ・・・・意外だったなぁ〜
□11.休みたかったら社長になるな
□12.頭は下げるためにある
□13.コンサルタントは食いつぶされないようにうまく使え
□14.共同経営は最悪の選択
□15.信用は「カネ」で買う
□16.「失敗してもいい」はウソ
□17.「クレーム客を大事にしろ」は大ウソ
□18.最大顧客に振り回されるな
□19.従業員の視線に注意しろ
□20.ひがむくらいなら真似ろ  ・・・そうそう
□21.自分の会社を潰す方法を考えろ
□【マネジメントのやってはいけないリストをつくろう】

「第2章 人事・労務編}

□22.創業メンバーは未来の幹部にはならない
□23.従業員はすぐ辞める
□24.従業員教育はムダ
□25.従業員の意見は聞くな
□26.社長の気持ちは従業員には理解されない
□27.社員に遠慮は不要
□28.辞表は喜んで受け取り、慰留はしない
□29.優秀な社員は採用できない
□30.使いやすい社員が良い社員
□31.事務員はパートで十分
□32.不満を言わない従業員が最も危険
□33.従業員の退職トラブルは命取り
□34.肉親が最も安上がり
□35.兄は雇っても弟は雇うな
□36.友人は雇うな
□37.信用しても任せるな
□38.禁句の一言「どうするか見ていた」
□39.言葉より給料
□【人事・労務のやってはいけないリストをつくろう】 ・・・リアルだなぁ〜

「第3章 給与体系編」

□40.就業規則は買うな
□41.ボーナスが欲しいなら経営者になるな
□42.社会保険にすぐ入るのは危険
□43.従業員の給料は基本給だけで手当はイラナイ
□44.能力給より定期昇給
□45.「業績が良くなったら・・・」は禁句
□46.定時退社で残業代は払うな   
□47.休日出勤していいのは社長だけ
□48.従業員にコスト意識を語るのはムダ
□49.従業員に賞与を払う義務はない
□50.社長の給料は会社の運転資金
□51.支払う方は総支給額、受け取る方は手取り額
□【給与体系のやってはいけないリストをつくろう】

「第4章 会社組織編」

□52.中小・ベンチャー企業は「会社」=「社長」
□53.定款は戸籍、登記簿は履歴書
□54.取締役をナメるな  ・・・やっぱねぇ〜
□55.決算期は会社の命運
□56.おしゃれなオフィスはムダ
□57.10人の壁
□58.組織化は「10人の壁」を超えてから
□59.会議は議論の場ではなく指示命令の場
□60.事業計画は作るな ・・・人から言われては×
□61.上場なんて目指すだけムダ
□【会社組織のやってはいけないリストをつくろう】

「第5章 会計・経理・税金」

□62.簿記の知識はいらない
□63.税金の心配だけすればいい
□64.5人未満の会社なら経理に時間をかけるな
□65.最低限、私用分と商売用は分けろ
□66.リースよりクレジット
□67.カネさえあれば会社は潰れない
□68.理想は「早く回収」、「遅く支払い」
□69.交際費はドンドン使え
□70.請求書通りに払わなくていい
□71.利益は将来発生する費用への引当金
□72.借金は未来の利益の取崩し
□73.保険の勧誘に気をつけろ  ・・・そうそう!!
□74.理想の決算書は社長の頭の中で作る
□75.銀行の信用は税理士で買え
□76.地元の税理士ですべて解決
□77.融通の効かない税理士とは付き合うな
□【会社・経理・税金のやってはいけないリストをつくろう】

「第6章 ビジネスモデル編」

□78.上場会社の研究はムダ
□79.理想のモデルは教祖
□80.大社長のオーラを知れ
□81.トップダウンはコストダウン
□82.利益を強調しすぎる人には要注意
□83.何が本業の会社かわからない
□84.世の中すべてコネ
□85.ブランドについて考える
□86.フランチャイズと販売協力の違いを知れ
□87.成功体験の無いビジネスはするな
□88.差別化・ニッチ化は売れない言い訳
□89.取引先は厳選せよ
□90.「利は元にあり」を忘れるな
□91.海外のパクリが手っとり早い
□92.チェーン店が上場目指すのは、上場しないと潰れるから
□93.人に会わなきゃ商売にならない
□94.敗者復活は効かない
□95.成功は「運」のおかげ、失敗は自分のせい ・・・原点回帰!!
| | 17:23 | comments(4) | trackbacks(0)
コメント
脳科学的に、人間は「やってはいけない」的にストレスを
及ぼすような事に対しては、それを回避するために、
いつも以上に知恵も働き、火事場の馬鹿力的な成果も見込めます。

ネガティブな事に対して、如何にポジティブに接することが出来るか〜
でしょうか。
| 伊佐@ランチェスター経営 | 2010/12/25 10:04 PM |
伊佐@ランチェスター経営 さま

ほぉ〜すばらい解説ありがとうございます!

「やってはいけないこと」上手に付き合いたいと思います!!
| 畑岡 | 2010/12/25 10:14 PM |
私も読みました。

本業が忙しく情報不足になりがちな社長さんには、良い本かもしれませんね。

また、同業者に言わせると、
「税理士がここまで書くのか!」という
感覚らしいです。

| 本のソムリエ | 2011/01/09 6:54 AM |
本のソムリエ様

コメントありがとうございます。
著者:岩松さんのリアルな経験値がベースとなっており、小企業の社長さん方は一度、目を通されておくといい本だなと思います。

経営は机上でなく、リアルですので・・・。


| 畑岡 | 2011/01/09 10:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://weblog.zai-ken.jp/trackback/1424571
トラックバック